グランパの青春日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「駅からハイキング」(43)<歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる>に参加しました。

<<   作成日時 : 2018/02/14 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

1月30日のブログ」に書きましたが、JR主催の「駅からハイキング」が一昨年4月からリニューアルされ参加しています。2016年度(4月〜3月)としては20回参加して190Kmを歩き、賞品のプレゼントに応募した所、当選して「C賞:ワンタッチスリムボトル(260ml)」をいただきました。
第43回目は2月12日(祝日)「歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる」(2月9日〜18日)に参加しました。<約9Km)『緑豊かな公園散策ならびに歴史感じる中野界隈を散策してみませんか。新しい発見が見つかるかもしれません。』
バス・JR中央線で午前10時過ぎに「JR中野駅」に着きました。北口で地図とバッチを受け取り出発しました。日曜日でもあり大勢の参加者がいました。まずは駅近くの「キリン梶@ココニワ」@に行きましたが、休日で閉館でした。『「ココニワ」は、キリン グループの過去・現在・未来について、見て、聞いて、触れることを通じて、体感・体験 できるお客さま参加型のスペースであり、様々な展示や参加型コンテンツで構成されて いる。 』別途、訪ねてみたいと思いました。地図に沿って「平和公園通り」を歩きました。途中に「CAPIC 刑務所作業製品 展示・販売ルーム」Aがありましたが、ここも閉店でしたが以前店内を見ています。『刑務所で製作した製品は、従来から刑務所作業製品と呼ばれていますが、より広く親しめるブランドイメージに変えるとともに、「安くて品質の良い」商品を広くご愛用いただく為に展示販売しています。』その先の左手には大きな「平和の森公園」がありますが工事中で塀が続いていました。「西武新宿線:沼袋駅」を過ぎて右折して「新青梅街道」に入ると左手に「中野区立 歴史民俗資料館」Bがありましたがここも閉館でした。『当館は1984年に名誉都民である山ア喜作氏から資料館用地に役立ててほしいと土地2600平方メートルを寄付されたことを契機に、郷土の文化遺産を保存し展示活用していくために、1989年「山ア記念中野区立歴史民俗資料館」として開設したものです。』そのまま「新青梅街道」を少し歩くと江古田公園の中に「江古田古戦場の碑」Cがありました。『哲学堂公園から野方6丁目に至る新青梅街道沿い一帯で、享徳の乱(1454〜1482)の最中の文明9年(1477)、太田道灌、豊嶋泰経らが激しい合戦を繰り広げました。この合戦がおきたことを示す碑が、江古田公園に建っています。』ここから地図に沿って歩き「野方配水塔」Dを見ました。『荒玉水道の給水場に昭和4年(1929)に建てられました。高さ約34メートル・径約18メートルの円筒形の塔は約2,000トンの水を貯水することができます。今は役目を終え国の登録文化財に指定されています。』ここから「哲学堂通り」を歩き、「哲学堂公園」Eに入りました。『哲学堂公園は、明治37年に哲学者で東洋大学の創立者、故・井上円了博士によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園です。』ここは前回も来ているので少し撮影して休憩しました。ここから「妙正寺川」沿いに歩き、「西武新宿線」の下を歩き、「水道橋」の先を右折して「早稲田通り」に出た所にある「青原寺」に参拝し「朱楽菅公の墓」Fを見ました。『永正10年、太田道灌の師で、芝青松寺の開山である雲岡瞬徳禅師によって創建されました。明治42年に当地に移りました。寺院には江戸寛政年間の有数な狂歌師、朱楽菅江(あけらかんこう)の墓があります。菅江は蜀山人などと並んで狂歌をもって名声をあげた人です。朱楽菅江の名前は“あっけらかん”に由来するともいわれています。』早稲田通りを少し歩き、左折して「もみじ山通り」を歩き「JR中央線」を渡り右折し「なかのZERO」Gに入館しました。『コンサートや講演会が開かれる大ホール(1292席)のほか、小ホール(507席)や視聴覚ホール、美術ギャラリー、美術工芸室、学習室、バンド練習ができる音楽練習室、ダンスの練習向きのリハーサル室などを備えています。さらにプラネタリウム(180席)や図書館を備えた⽣涯学習の複合施設です。』非常に立派な施設でした。昼を過ぎていたのでここの「もみじ茶屋」で「うなぎ重」(1200円)を美味しくいただきました。
館内を出て裏に行くと「紅葉山公園」Hがありました。『中野区による東京百年記念事業の一環として造られた公園で、1970年3月3日に開園した。大正には一帯が私人の所有地で高台で紅葉が多く植えられていたことから、通称、「紅葉山」と呼ばれていたのが、そのまま公園名として採用された。一角に蒸気機関車C11 368が保存されている。この機関車は1972年まで東北地方にある石巻線で使われていたものである。』ここから近い「JR中野駅南口」に13時40分ゴールした。<本日の歩数:17千歩>
私の「ホームページ」に掲載します。
画像

<D野方配水塔>
画像

<E哲学堂公園正門>
画像

<F青原寺>
画像

<H紅葉山公園内の蒸気機関車C11 368>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「駅からハイキング」(44)<3区またいでサンキュー!大人のよくばり散歩道>に参加しました。
「2月14日のブログ」に書きましたが、JR主催の「駅からハイキング」が一昨年4月からリニューアルされ参加しています。2016年度(4月〜3月)としては20回参加して190Kmを歩き、賞品のプレゼントに応募した所、当選して「C賞:ワンタッチスリムボトル(260ml)」をいただきました。 第44回目は3月2日(金)「3区またいでサンキュー!大人のよくばり散歩道」(2月23日〜3月4日(日)に参加しました。<約10.0Km)『品川区、港区、渋谷区の3区を歩いて普段知ることのできない、住宅地や商... ...続きを見る
グランパの青春日記
2018/03/05 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「駅からハイキング」(43)<歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる>に参加しました。  グランパの青春日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる