神戸大学ESS同期会に参加しました。(その一)

2013年10月13日のブログ」に書きましたが、大学1年と2年の時、「ESS」(英語研究会)に参加し、楽しい大学生活を過ごした。その反動で、3年と4年には厳しいゼミ(稲葉ゼミ)に入り、厳しく教えられました。「ESS」の同期の仲間とは「菊英会」と名前をつけて最近は年一回集り、ゴルフと宴会を楽しんでいる。
昨年は関東のKaさんが担当で依頼されて私が10月9日(火)「NEC芝クラブ」での前夜祭を予約した。ゴルフ参加の関西からの5名、関東の6名にゴルフをされないOoさん、女性のHaさん,Naさんの3名が加わり総計14名の賑やかな前夜祭となった。翌日は11名で「泉カントリークラブ」でゴルフを楽しみました。
今年は昨年優勝のEtiさんが幹事で10月8日(水)9日(木)で大阪で開催されました。午後6時からEtiさんが勤務していた会社の施設「パナシニックリゾート大阪」(JR茨木駅)で宴会と宿泊が決まりました。
私は、朝7時過ぎに自宅を出て11時過ぎに「京都駅」に着きました。昨年の12月には「紅葉」を楽しみ、今年の8月には「観光バス」で見学しました。今回は、ゆっくりと歩く事にし久しぶりに「銀閣寺から南禅寺」までの「哲学の道」を歩きました。まずは「京阪七条駅」から「出町柳駅」に行き、ここから歩き始めます。途中には広大な敷地の「京都大学」があります。「銀閣寺」は「室町幕府八代将軍の足利義政によって造営された山荘東山殿を起原とし、義政の没後、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられました。 」「銀閣寺は美の求道者ともいえる義政の精神のドラマを五百年後の現代にも脈々と伝えています。」
秋の気持ちの良い天候の中、久しぶりにゆっくりと庭園を散策しました。
その後、久しぶりに「哲学の道」を「南禅寺」まで歩きました。「明治の頃、文人が多く住むようになり「文人の道」と称されていた。その後、京都学派の哲学者・西田幾多郎や田辺元らが散策したため「哲学の小径」と云われたり、「散策の道」「思索の道」「疏水の小径」などと呼ばれた。」「琵琶湖疏水分線が山裾に沿って流れており、疎水の山側は自然の森となっており、対岸側に桜並木がある。そのため春は桜、秋は紅葉が美しい区間である。」
是非、又桜の時期に来てみたい。
2013年12月9日のブログ」に書きましたが、昨年の12月に来た時には「南禅寺」の素晴らしい紅葉を楽しみました。
歩きすぎると明日のゴルフが心配なので、地下鉄で京都駅に行き、JRで「茨木駅」そこからタクシーで午後4時半に宿泊先に着きました。早速、大風呂で汗を流しました。
午後6時からゴルフの10名(東京:6名、大阪:4名)にゴルフに参加しないToさん、Naさんが加わり12名で「前夜祭」が開催されました。美味しい料理に飲み放題のお酒で話も弾みました。午後9時に集合写真を撮影して閉会となり私は目覚ましをかけて直ぐに爆睡しました。(本日の歩数:17千歩)<続く>
画像

<銀閣寺にて>
画像

<銀閣寺庭園>
画像

<哲学の道>
画像

<前夜祭>





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 神戸大学ESS同期会に参加しました。(その二)

    Excerpt: 「10月11日のブログ」に書きましたが、「ESS」の同期の仲間とは「菊英会」と名前をつけて最近は年一回集り、ゴルフと宴会を楽しんでいる。今年は昨年優勝のEtiさんが幹事で10月8日(水)9日(木)で大.. Weblog: グランパの青春日記 racked: 2014-10-12 05:53
  • 神戸大学ESS同期会に参加しました。(その一)

    Excerpt: 「2014年10月11日のブログ」に書きましたが、大学1年と2年の時、「ESS」(英語研究会)に参加し、楽しい大学生活を過ごした。その反動で、3年と4年には厳しいゼミ(稲葉ゼミ)に入り、厳しく教えられ.. Weblog: グランパの青春日記 racked: 2015-10-10 05:34