最後の「NEC社友会」に参加しました。

2014年10月16日のブログ」に書きましたが、私は、昭和38年(1963年)大学卒業後「日本電気株式会社」(NEC)に入社しました。関係会社を含めて、コンピュータの生産管理に15年、営業部門で13年、ソフト部門で6年、保守部門で5年間、合計39年間一貫してコンピュータ部門に携わりました。60才から「NEC社友会」に参加させていただきました。平成19年は64歳以上のOBに案内がありました。例年の通り「東京プリンスホテル」に500名のOBが集りましたが、知っている人が意外に少ないのに驚きました。それでも広い会場が狭くなるような雰囲気の中で美味しいお酒と料理を楽しみました。最初に社長から現在の会社の状況説明があり、会長の乾杯で始まりました。最後はOB代表から「株価のUPするよう業績の一層の改善」の要望があり、万歳三唱で終わりました。尚、毎年一回開催されていた「社友会」は次回は平成21年の「創立110周年」に開催する旨話がありました。然し、残念ながらそれ以降「NEC社友会」が開催される事はありませんでした。
昨年10月14日(火)に「創立115周年にあたり最後の社友会」を開催するとの連絡がありましたが台風の影響で延期されました。
2月16日(月)「東京プリンスホテル」に約550名のOBが集り最後の社友会が開催されました。画面でNECの歴史が簡単に紹介され会長が挨拶されました。広い会場が狭くなるような雰囲気の中で美味しいお酒と料理を楽しみました。その間に顔と名前を確認しながら挨拶をして回りました。最後に社長が締めの挨拶がありましたが、残念ながらOBからの挨拶が無くて解散となりました。私は未練を感じる事無くてフロントが混む前に直ぐに会場を出ました。
NECの今後一層の発展を祈念しています。
尚、私の「ホームページ」に過去の記録を掲載しています。
画像

<会長挨拶>
画像

<会場風景>
画像

<今も付き合っている仲間と>
画像

<社長の締めの挨拶>

この記事へのコメント

同期です。
2018年10月03日 13:36
私も昭和38年入社で、「最後の社友会」にも参加しました。本社におりましたので、同期の関さんは存じていますが、府中の方とはお知り合いでなく残念です。

この記事へのトラックバック