本「読むラジオ」(高嶋秀武著)を読みました。

私は随分長い間、朝6時からの「ニッポン放送高嶋ひでたけの朝ラジ」を聞いている。特に高嶋秀武氏は昭和17年生まれで私(昭和15年生まれ)と同世代で波長が合い聞いていて楽しい。
番組で本の紹介があり読みたいと思っても中々本屋で見つからなかった。丁度、「JR駅からハイキング」で東京駅に行った時、駅前の大きな本屋で購入できた。そして一気に読み終えた。
笑えばスッキリ、おしゃべりで解決! 雑誌サライで連載中のエッセイ「当世ラジオ気質」を単行本化。パーソナリティー歴52年というフリーアナウンサーの高嶋秀武さんが、「オールナイトニッポン」などラジオ番組制作の熱い裏側を笑いとユーモアで活写します。人との出会いや仕事での失敗、成功など、共感できて感心するエピソードが満載。読めば懐かしさと楽しさで、心もすっきり。ラジオを聞くかのように読める極上エッセイです。』(本の紹介文)
正に、紹介文通りの内容で、読めば懐かしさと楽しさで、心もすっきりする事ができた。
高嶋秀武さんの益々のご活躍を心から祈念しています。
画像

<「読むラジオ」>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ」が終わりました。

    Excerpt: 「2017年11月15日のブログ」に書きましたが、私は随分長い間、朝6時から8時まで「ニッポン放送高嶋ひでたけのあさラジ」を聞いている。(途中。6時30分から10分間はNHKラジオ体操をしている)特に.. Weblog: グランパの青春日記 racked: 2018-03-31 06:11