昔の会社のOB4名で飲みました。

10月18日のブログ」に書きましたが、NECで昭和30年代の中旬から昭和50年代にかけて「コンピュータの生産」に苦楽を共にした仲間は時々集まりお酒と料理を楽しんでいる。その仲間4名で10月15日(月)夜、営業を担当していたFuさんの紹介でいつもの「田町・湯浅」で飲み、食べながら楽しく談笑しました。その席でFuさんが府中での「絵画展」に出展される紹介があり、それに合わせて11月9日(金)に開催する事になりました。
11月9日(金)午後4時「京王線府中駅」に集合し、新しく建設された「ル・シーニュ」6階の「府中市市民活動センター」で開催されている「第54回府中市民芸術文化祭洋画展」(11月7日~11日)の会場に行きました。今年は104点が展示されていました。府川さんの作品は「西表島のマングローブ林」との題名でいつもながら素晴らしい12号の作品でした。実際に現地を訪ねて描き上げたそうです。「マングローブ自然林」とは『川の河口付近の汽水域で、特に満潮の時は海になり、干潮の時は乾し上がってしまう所にある植物の総称です。』丁度、府中市美術館の副館長が作品の批評をされていて、Fuさんの作品を褒められるのを拝聴しました。
その後、同じ館内にある「居酒屋:磯吉」に入り、飲みながら・食べながら楽しく談笑しました。来年はゴルフも再開したいと約束しました。
Fuさんの益々のご活躍を心から祈念しています。
画像

<絵画:西表島のマングローブ林>
画像

<絵画の前で>
画像

<絵画の前で(左端がFu画伯)>



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック