NHK大河ドラマ「いだてん」が始まりました。

2018年1月11日のブログ」に書きましたが、日曜日午後8時からの「NHK大河ドラマ」は大好きな番組で毎年楽しみに見ている。昨年は「西郷 どん」でした。内容をほとんど知っているだけに心配しましたが、一年間楽しく見ることができました。
今年は1月6日(日)から「いだてん」が始まりました。
『日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック開催を決めた1936年(昭和11年)のベルリンオリンピック(1936年)を挟んで、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの52年間の知られざる歴史を章立てに分け、日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治(日本水泳連盟元会長)の2人の主人公をリレーする形式で描く。』
第一回を見ましたが、時代が激しく移り変わり若干理解するのに苦しみました。然し、これから1年間、楽しみに見ていきたいと思っています。昭和39(1964)年の「東京オリンピック」の思い出は少ないので、是非2020年のオリンピックは実際のスタジアムで日本を応援したいと期待しています。
画像

<NHKテキスト>
画像

<一回目の画像>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック