本「ノーサイド・ゲーム」(池井戸 潤著)を読みました。

私は以前から「池井戸 潤」の作品を読むことも、それを原作にしたテレビ作品も楽しんできた。 今回の「ノーサイド・ゲーム」は先にテレビ作品を楽しんでいた所、家の近くの「横山南センター」の新刊コーナーで見つけて直ぐに読み終えた。この本は2019年6月発刊でテレビ放映とほぼ同じなのには驚かされた。 『未来につながる、パスがある。大手自動車メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more