芥川賞受賞「むらさきのスカートの女」(今村夏子 著)を読みました。

第161回芥川賞を受賞した作品「むらさきのスカートの女」(今村夏子 著)を「文芸春秋」(9月特別号)で読みました。 『近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し……。『こちらあみ子』『あひる』『星の子』『父と私の桜尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more