「駅からハイキング」(72)<平和の歴史を知ろう!自然と寺社を巡る開運ハイキング>に参加しました。

10月12日のブログ」に書きましたが、JR主催の「駅からハイキング」が一昨年4月からリニューアルされ参加しています。2016年度(4月~3月)としては20回参加して190Kmを歩き、賞品のプレゼントに応募した所、当選して「C賞:ワンタッチスリムボトル(260ml)」をいただきました。2017年度(4月~3月)は25回参加して238Kmを歩き、プレゼントに応募しました。(当選しませんでした)2018年度(4月~3月)は17回参加して148Kmを歩き、プレゼントに応募して当選しました。(ボトル入り冷却スカーフ)
累計72回目は11月3日(日)「平和の歴史を知ろう!自然と寺社を巡る開運ハイキング」(11月2日~4日)に参加しました。(約11.5Km)『武蔵野市の歴史と平和の尊さを感じられるコースです。戦争の記憶をところどころに残しつつ、自然を満喫できる街に生まれ変わった武蔵野市を感じてみませんか?また、武蔵野七福神として有名な寺社を訪れ、開運祈願!運気アップが期待できるかも!』私は平成14年以来毎年正月に「七福神巡り」をしていて「武蔵野七福神」は平成21年に歩いています。
行きは朝8時半過ぎに出発し、バスと中央線で「三鷹駅」に9時半に着きました。改札口横の受付で地図とバッチをもらってスタートしました。今回は「杏林大学」が企画し支援しています。今日は「全日本大学駅伝」が開催されていてラジオを聞きながら歩きました。駅前のロータリーに「世界連邦平和像」①があります。『三鷹駅北口ロータリー中央に駿馬にまたがる女神像があります。長崎平和公園の平和記念像の作者である北村西望の作品です。1969年、武蔵野市世界連邦宣言10周年を記念して建立され、台座には世界各地の石がはめ込まれ、近代戦争で犠牲となった現在の武蔵野市の戦死者266名の名簿が納められています。』地図に沿ってまずは玉川上水沿いの桜通りを歩き、「野鳥の森公園」②を見ました。『住宅地の中の一画に、鬱蒼とした雑木林が残っている公園。アカマツ林の保全を目的とした施設で、かつての武蔵野の面影が忍ばれる豊かな自然に出会える場所だ。』その先の「ぎんなん橋」を右折しました。『境浄水場の東、玉川上水に架かる「ぎんなん橋」の下には、武蔵製作所の工場引込み線の橋台跡があります。現在の都立武蔵野中央公園から武蔵野市役所付近まで、日本を代表する航空機メーカーであった中島飛行機㈱武蔵製作所がありました。』暫く歩き、五日市街道を左折し、「武蔵野大学」前を右折して「千川上水遊歩道」③を歩きました。『玉川上水から分岐して武蔵野市内の北西から北東にかけて流れる千川上水。千川上水に沿って造られた約2キロの遊歩道は木々の緑に溢れ、夏には木陰を落とす場所になります。』途中で右折して「武蔵野中央公園」④に入りました。『武蔵野中央公園は、東の井の頭公園、西の小金井公園にはさまれ、両公園のほぼ中央に位置しています。この公園の区域には、戦前、中島飛行機製作所という一大軍需工場がありました。戦後は米軍の住宅用地として使用されていましたが、長い間の住民の要望が実って、公園として生まれ変わりました。』公園を出て「グリーンパーク遊歩道」⑤を歩きました。『グリーンパーク遊歩道は、鉄道の廃線後を利用して作られました。跡地が遊歩道公園として現在まで残り、玉川上水に残る鉄道の橋脚跡から、グリーンパーク遊歩道が始まります。木々が茂り、自然の雰囲気がいっぱいでとても気持のよい遊歩道です。』再び五日市街道に出て左折して「延命寺」⑥に参拝しました。『延命寺は、関前村と呼ばれていた当地周辺が開村した寛文12年(1672)頃に、八幡神社と共に創建したものと推定されるといいます。武蔵野吉祥七福神の毘沙門天・寿老人となっています。』少し歩き「西窪稲荷神社」⑦に参拝しました。『西窪稲荷神社は、明暦の大火(1657)後の住民移転・新田開拓に伴い、西久保城山町の住民が当地へ移住、西久保村の鎮守社として遷座したといいます。』少し12時には早いですが「くら寿司」に立ち寄り昼食を食べました。
食後、五日市街道を約1Km歩き「成蹊大学」を左折して「成蹊学園ケヤキ並木」⑧を歩きました。『学校が池袋から現在の吉祥寺に移転した1924年(大正13年)に移植された。樹齢は80年を超え、本館前と外周路をあわせて100本以上ある。』ここは安倍晋三首相の母校です。右折して住宅街を暫く歩き「大法寺」⑨に参拝しました。『大法寺は江戸幕府が開設されてからわずか30年後の寛永10年(1633)2月に江戸城下阿佐布の地に創建、その後300年に及んだ都心での歴史に幕を閉じ、昭和7年(1932)10月に現地へ移転した。静かな境内には吉祥観音像が立っている。』左折して地図に沿って歩き「善福寺公園」⑩を歩きました。『善福寺池を中心にした公園。池の水は、かつては神田上水の補助水源として利用されたほど澄んでおり、湧水量も多く、武蔵野三大湧水池のひとつとして知られ ていました。池の名称は、昔、この付近にあった寺の名からとったと伝えられています。』公園を出て地図に沿って約2Km歩き旧甲州街道沿いにある「安養寺」⑪に参拝しました。『安養寺は「多摩新四国八十八ヶ所札所第一番」の霊場で、毎年春から夏にかけて大勢の巡礼者が訪ねる。武蔵野吉祥七福神の布袋尊となっています。』すぐ隣の「武蔵野八幡宮」⑫にも参拝しました。『吉祥寺の氏神様として有名な八幡宮。789年に坂上田村麿が宇左八幡大社の御分霊を祀ったと伝えられる。明暦の大火で小石川水道橋外吉祥寺は今の駒込に移り、火事で住居を無くした門前町の人々は移住を命じられて、この地に吉祥寺村を開村した際に武蔵野八幡宮を鎮守として信仰したといわれている。』これで見所を全て見たので近くの「JR吉祥寺駅」に午後2時前にゴールした。ここからは京王線で帰宅しました。<本日の歩数:23千歩>
IMG_7057.JPG
<③千川上水遊歩道にて>
IMG_7075.JPG
<⑧成蹊学園ケヤキ並木>
IMG_7078.JPG
<⑨大法寺の福禄寿>
IMG_7097.JPG
<⑫武蔵野八幡宮にて>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント