映画「決算!忠臣蔵」を観に行きました。

面白そうな日本映画なので観に行きました。
『忠臣蔵で知られる大石内蔵助が記した決算書を基に、討入り計画の実像に迫る山本博文の著作を実写映画化。予算内で討入りを成し遂げようとする家老と勘定方の奮闘を描く。大石を『孤高のメス』などの堤真一、大石を支え続ける勘定方をお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が演じる。『殿、利息でござる!』などの中村義洋がメガホンを取った。』(シネマ・トゥデイ)
『1701年、赤穂藩藩主・浅野内匠頭が江戸城・松之廊下で刃傷騒ぎを起こし、浅野家お取り潰しと内匠頭の即日切腹が決まる。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)はお家再興のために幕府へ働きかけるが、その思いは断たれてしまう。江戸の庶民たちは吉良上野介へのあだ討ちを熱望するが、討入りするにも多額のお金が必要だった。』(シネマ・トゥデイ)
忠臣蔵はあまりにも有名な話で過去にも立派な映画があり観てきた。然し、今回はお金の面から見た忠臣蔵で配役も含めて楽しめる映画になっている。評判は余りよくないが私としては楽しむ事ができた。又、1両:12万円で換算して両と円で表示されていて分かり易かった。
tyuusinn-11.jpg
<映画の一場面>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント