本「人間の本性」(丹羽宇一郎 著)を読みました。

11月15日のブログ」に書きましたが、毎週金曜日に「囲碁の会」に参加するために行っている「横山南センター」には小さな図書館がある。そこの新刊コーナーで見つけて一気に読み終えた。
『コンピュータやAIは目まぐるしく進化しているが、それらをコントロールする人間ははたして進化しているといえるだろうか。年を重ねても人を妬んだり恨んだりと自己中心的な他人を見て落胆しつつ、同様に成長していない自分に愕然とする―。このような人間の心のあり方は時代が変わっても普遍的なテーマであることに変わりはなく、だからこそ古今東西の哲学者が「人間とは何か」を探究し続けているのだ。この深遠な問いについて伊藤忠商事元会長、元中国大使で稀代の読書家でもある著者が、その豊富な人生経験から考察した一冊。 』(本の紹介文)
丹羽氏は私と同世代であるが、伊藤忠商事元社長・会長、又、民間出身の元中国大使として活躍されていて尊敬していた。著書の中で特に下記の言葉を記録しておき私の指針にしていきたい。
・年をとるほど得るものが増える
・最後を意識すると今日が変わる
・本心から自分が望むことをすれば人と比べなくなる
・自発的に仕事をすれば疲れない
・動きたくないほど意識して動く
・好奇心を失うのは死ぬ時でよい

ningen-11.jpg
<人間の本性>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント