「”IoTを活用した「健康まちなかウォークラリーシステム」の研究”」に参加しています。

読売新聞の地域情報誌「よみっこ」(2019年12月28日号)に「”IoTを活用した「健康まちなかウォークラリーシステム」の研究”」が紹介されていました。システムを推進する八王子市の医療機器メーカー「リブト」のホームページに詳しく紹介されていました。
『2.課題を
日本は高齢化先進国であり、今や4人に1人が高齢者である。高齢者の健康寿命の延長は生活の質の向上、医療費の削減、労働の担い手として期待ができ、「病気を治す」から「病気にさせない」への取り組みは待った無しの状況である。
3.解決方法
BLE対応デバイス(ウェアラブル活動量計等)を身につけた高齢者がレシーバー設置個所に足を運ぶと、その情報が管理WEBサイトにアップされる仕組み。スマホが使えない高齢者でも楽しみながら参加できるシステムである。』
1月末に私が月一回行っている薬局が窓口になっていたので申し込みました。直ぐに案内がきて「万歩計」(YAMASA製)を渡されました。渡された資料は「高専通りウォーキングコース記録用紙」で歩いた距離を集計して月一回提出すると掲示板で発表するそうです。掲示板を見ると、昨年4月から11月までで9名が登録されていました。どうも私は遅すぎたようです。案内では「高専通りマップ」や「イベント案内」ですが歩くのは自分の体力に合わせて歩く事が求められています。
2月1日から毎日集計して、2月は206K歩(約124Km)(一日当たり:4.3Km)でした。この成績は9名中2位でした。又、「東海道53次を歩こう」(日本橋~三条大橋)では「原宿」(123Km)まで歩いたことになります。できれば5月末までに「京都:三条大橋」(494Km)まで歩きたいと思います。私は10年程前に「海道53次」を歩いていますので思い出しながら歩きたいと思います。
<追記>
4月からは新規に「東日本一周コース」が始まりと表示されました。是非、健康の為にも参加していきたいと思っています。
IMG_7926.JPG
<高専通りウォーキングマップ>
IMG_7928.JPG
<高専通りほっとカフェ>
IMG_8092.JPG
<4月からの案内>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント