「駅からハイキング」(78)<東京まんなか散歩 早春の千代田区めぐり>に参加しました。

2月14日のブログ」に書きましたが、JR主催の「駅からハイキング」が4年前の4月からリニューアルされ参加しています。2016年度(4月~3月)としては20回参加して190Kmを歩き、賞品のプレゼントに応募した所、当選して「C賞:ワンタッチスリムボトル(260ml)」をいただきました。2017年度(4月~3月)は25回参加して238Kmを歩き、プレゼントに応募しました。(当選しませんでした)2018年度(4月~3月)は17回参加して148Kmを歩き、プレゼントに応募して当選しました。(ボトル入り冷却スカーフ)
累計78回目は2月17日(月)<東京まんなか散歩 早春の千代田区めぐり>(2月14日~19日)に参加しました。(約9.5Km)『東京23区の真ん中に位置する千代田区は、自然豊かな皇居周辺、文化が根付く神保町や飯田橋、歴史を感じる東京駅や旧万世橋駅と、見どころ満載です。このコースで、千代田区の様々な魅力に触れ、新しい発見をしてみませんか。』
行きは朝8時半過ぎに出発し、京王線・総武線で「JR飯田橋駅」に10時半過ぎに着きました。改札口横の受付で地図とバッチをもらってスタートしました。今日は寒いですが好天です。まずは駅前の「歴史のプロムナード」①を歩きました。『明治になって旗本屋敷の後は住む人もなくなり、一時は大変さびれました。しかし、次第に賑わいを取り戻し、現在のようなビル街に変わりました。この飯田橋散歩路に標柱を建て、この町の移りかわりを示します。』途中で右折して「東京大神宮」②に参拝しました。『江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。』ここから地図に沿って歩き、「千代田区観光案内所」③に立ち寄りました。『千代田区観光案内所は、九段下駅から徒歩5分の場所に位置する、皇居・旧江戸城清水門のお濠に面した案内所です。近くには北の丸公園に繋がる清水門があり、皇居散策へのアクセスにも大変便利な立地です。日本語・英語・中国語の3か国で対応するスタッフが観光案内を行なっており、千代田区内はもちろん、周辺の観光情報や旬なイベント情報などを幅広く提供しています。』ここから「北の丸公園」④に入りました。『江戸時代に江戸城北の丸があった場所で、公園の名称や町名はこのことに由来します。明治時代からは近衛師団の兵営地等として利用されました。今は千鳥ヶ淵などの皇居外苑を取り囲むお濠や昭和館、東京国立近代美術館、工芸館、国立公文書館、科学技術館などの文化施設をめぐることができる"歴史と自然の森"として、多くの皆さんに親しまれています。』公園を出て、「皇居東御苑」⑤に行きました。『江戸城の本丸、二の丸、三の丸部分が現在の皇居東御苑。明治時代に宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもので、今も皇居の一部であることに変わりがなく、宮内庁が管理しています。昭和43年に公開され、江戸城の核心部分を散策することが可能です。』ここは何度も春の桜、秋の紅葉に来ています。然し、月・金は入園できずお堀端を歩きました。「大手門」の前にある「和田倉噴水公園」⑥を見学しました。『今上陛下のご成婚を機に平成7年に完成したもので、上皇陛下のご成婚を記念して昭和36年に完成した高さ6mに吹き上げる大噴水を再整備し、新しく造られた高さ5.5m、長さ30mの落水施設やモ二ュメン卜とを流水施設で結んでいます。』ここから真っ直ぐ歩き「東京駅」⑦に行きました。『赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾らが設計したもので、1914年に竣工、2003年に国の重要文化財に指定されている。丸の内駅舎を創建当初の姿に復原する工事自体は、2007年(平成19年)5月30日に起工され、2012年(平成24年)10月1日に完成した。』既に12時を過ぎていたので「東京駅丸の内南口」前にある「KITTEビル」内で食事をする事にしました。丁度500円で1500円の食事ができるイベントがあり、抽選の結果「味噌汁専門店 美噌元」が当たり、早速地下1階で美味しく昼食をしました。
食後、「東京ステーションギャラリー」⑧に立ち寄ったが月曜日で閉館であった。『東京ステーションギャラリーは1988年、駅を単なる通過点ではなく、香り高い文化の場として皆さまに提供したいという願いを込めて、東京駅丸の内駅舎内に誕生しました。東京駅の歴史を体現する煉瓦壁の展示室をもつ美術館として親しまれ、開館以来18年間にわたり、105本のさまざまなジャンルの展覧会を開催、延べ約235万人の来館者をお迎えしました。』地図に沿って歩き何度も来たことのある「マーチエキュート神田万世橋」⑨を見物しました。『御茶ノ水駅と神田駅の中間にある「マーチエキュート神田万世橋」は、かつて中央線の駅として存在していた「万世橋駅」の遺構を利用したスポットです。こだわりのグルメや、つい買いたくなる雑貨など、魅力的なショップが多数ある新たな名所になっています。』ここから地図に沿って歩き、「神田神保町古書店街」⑩を歩きました。『この古書店街は、明治10年代(1880年代)にこの地域に相次いで創立された法律学校、明治法律学校(明治大学)、英吉利法律学校(中央大学)、日本法律学校(日本大学)、専修学校(専修大学)の学生を当て込んで古書店も含めた法律書の書店が次々にできていったのがその始まりだといわれ、実に130年の歴史を持っています。』ここからゴールの「JR水道橋駅」までは見所も無いので今回は「地下鉄神保町駅」から新宿駅経由京王線で帰宅しました。<本日の歩数:19千歩>
IMG_7939.JPG
<②東京大神宮にて>
IMG_7946.JPG
<④北の丸公園・清水門>
IMG_7965.JPG
<⑦東京駅・オリンピック時計前にて>
IMG_7968.JPG
<⑨マーチエキュート神田万世橋>





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント