「上野公園」に桜を見に行きました。

2019年3月31日のブログ」に書きましたが、昨年は3月28日(木)都内の桜の名所「千鳥ヶ淵」「上野公園」に桜見物に行きました。
3月25日のブログ」に書きましたが、今年は新型コロナウィルスの影響で外出を控えるようにと言われ考えてしまいました。然し、密閉空間ではなく、多くの人が集まっていないようなので、3月24日(火)思い切って「千鳥ヶ淵」に行きました。幸いにも天候も良く桜も満開で昨年よりはるかに人出が少なくてゆっくりと花見ができました。空いていたので途中のベンチに座り、持参したお酒を飲みながらゆで卵を食べました。但し、水辺に浮かぶボートは中止されていて写真には不満でした。
次に地下鉄を乗り継いで「上野公園」に行きました。『この公園は明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に日本で初めて公園に指定されました。 ここは江戸時代、東叡山寛永寺の境内地でした。それが明治維新後官有地となり、大正13年、宮内省を経て東京市に下賜されました。 当初は寛永寺社殿と霊廟、東照宮それに境内のサクラを中心にした公園でしたが、その後、博物館や動物園、美術館などが建てられ、文化の香り高い公園へと衣替しました。』途中のコンビニで「巻き寿司」を購入して一人で持参したお酒を飲みながらお花見をしながら食べました。ここも丁度桜が満開でしたが、例年の敷物をひいての花見は禁止されていて見物客も非常に少ないでした。又、「動物園」「博物館」「美術館」も3月末まで閉鎖されていました。それでも満開の桜の下を歩けたことは幸いでした。来年の花見は以前の賑わいが戻ることを期待しています。
IMG_8324.JPG
<上野公園入口>
IMG_8312.JPG
<上野公園にて:花見客が少ない>
IMG_8320.JPG
<上野公園にて>
uenokouenn-2019.jpg
<昨年の上野公園の様子>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント