本「信長、天を堕とす」(木下昌輝 著)を読みました。

毎週金曜日に「囲碁の会」に参加するために行っている「横山南センター」には小さな図書館がある。そこの新刊コーナーでこの本を見つけて借りました。 『強さとは何か。己は強いのか。 織田信長は、桶狭間で今川義元の首を取り、姉川で浅井・朝倉両軍を打ち破って着々と領土を拡げても、問い続けていた。 長島一向一揆で大坂本願寺門徒二万人を焼き殺し、…
コメント:0

続きを読むread more