本「暗約領域:新宿鮫Ⅺ」(大沢 在昌  著)を読みました。

毎週金曜日に「囲碁の会」に参加するために行っている「横山南センター」には小さな図書館がある。そこの新刊コーナーでこの本を見つけて借りました。前作も読んだ記憶がありますが時間が過ぎていてほぼ忘れていました。 『信頼する上司・桃井が死に、恋人・晶と別れた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、孤独の中、捜査に没入していた。北新宿のヤミ民泊で男の銃…
コメント:0

続きを読むread more