「緊急事態宣言」が発信されました。(その2)

1月13日のブログ」に書きましたが、新型コロナウィルスの影響で昨年2月中旬ごろから予定していたイベントが次々に中止や延期になりました。更に感染拡大が進み、4月7日(火)には5月6日まで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が首都圏など7都府県に出されました。
2020年5月27日のブログ」に書きましたが、5月4日(月)「緊急事態宣言」が5月末まで延期になりました。その後、5月14日(木)39県を「緊急事態宣言」の対象から外す一方、東京都を含む8都道府県は継続すると発表しました。5月25日(月)残されていた東京を含む全ての「緊急事態宣言」が解除されました。
然し7月中旬から感染者が増え始め、8月7日には第二波のピーク1606人になりその後少し減少に転じました。そのような中、7月22日からは「GoToトラベルキャンペーン」が東京を除いて実施されました。9月16日に突然安倍内閣が総辞職し、菅内閣が発足しました。10月1日に東京も解除され、「Go-Toイート」も始まりました。
その後、11月中旬以降、再び感染拡大に転じました。私は、11月18日、少し心配しながらGo-Toトラベルを利用して「はとバス一日コース」に参加しました。11月21日には大阪市と札幌市が「Go-Toトラベル」から除外されました。11月25日に西村大臣が「この3週間が勝負」と宣言しましたが、効果的な対策が出されず感染拡大は更に拡大して行きました。12月1日には東京都で65才以上の旅行自粛の要請がありました。「Go-Toトラベルキャンペーン」は12月14日~1月7日まで突然中止になりました。年末年始も「不要不急の外出を控える」との要請が出ていましたが、専門家も驚くような感染拡大が毎日続いていきました。
今年になり、やっと1月2日に小池知事を中心に1都3県の知事が政府に「緊急事態制限」発動の要請をしました。ニュースを見ていると、政府は北海道や大阪のようにもっと早くに自主的に時間短縮を行うと効果があると考えていたようです。とうとう1月7日に政府も重い腰を上げて1都3県に対して2月7日までの「緊急事態制限」を発表し、「Go-Toトラベル」も再延期しました。更に1月13日には大阪・愛知・福岡など7府県に「緊急事態制限」を発令しました。菅総理は「必ず収束させます」と宣言しました。
然し、世論調査を見ると、菅総理の支持率は低下し、宣言発表は遅すぎ、1ヶ月での収束は期待できないとの事です。私も今の状況では同意見です。然し、個人的には是非とも早期の収束を期待して自粛生活を続けて行きます。<続く>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント