八王子市に「まん延防止等重点措置」が発令されました。

3月22日のブログ」に書きましたが、新型コロナウィルスの影響で昨年2月中旬ごろから予定していたイベントが次々に中止や延期になりました。更に感染拡大が進み、4月7日(火)には5月6日まで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が首都圏など7都府県に出されました。その後、5月4日(月)「緊急事態宣言」が5月末まで延期になりました。5月14日(木)には39県を「緊急事態宣言」の対象から外す一方、東京都を含む8都道府県は継続すると発表しました。最近の報道を見ていると「ゴールデンウィーク」中の厳しい外出自粛が少し緩んでいるような気がしていまします。5月21日(木)関西の大阪・兵庫・京都が解除され、更に5月25日(月)残されていた東京を含む5地区が全て「緊急事態宣言」が解除されました。然し、6月1日から「第2ステージ」の解除が始まってすぐに感染者が急増し、「東京アラート」が発令されました。
そのような中でも、7月22日以降に実施される予定の「GoToトラベルキャンペーン」は東京を除いて実施されました。
その後、感染状況は落ち着きましたが、11月中旬以降、再び感染拡大に転じました。私は、11月18日、少し心配しながらGo-Toトラベルを利用して「はとバス一日コース」に参加しました。12月中旬以降、感染拡大は更に拡大して行きました。やっと、「Go-Toトラベルキャンペーン」が12月14日~1月7日まで突然中止になりました。年末年始も「不要不急の外出を控える」との要請が出ていましたが、専門家も驚くような感染拡大が毎日続いていきました。
今年になり、やっと1月2日に小池知事を中心に1都3県の知事が政府に「緊急事態制限」発動の要請をしました。ニュースを見ていると、政府は北海道や大阪のようにもっと早くに自主的に時間短縮ができると考えていたようです。とうとう1月7日に政府も重い腰を上げて1都3県に対して2月7日までの「緊急事態制限」を発表し、「Go-Toトラベル」も再延期しました。菅総理は「必ず収束させます」と宣言されました。宣言していたにもかかわらず、2月2日(火)に栃木を除く10都道府県に「3月7日まで緊急事態宣言を延期する」と発表されました。その間には自民党と公明党の議員が銀座で夜遅くに飲んでいた事も判明しました。国会中継を見ていても議論は深まらず不安が深まりました。光明は徐々に感染者が減りつつありました。
2月26日(金)知事からの要請を受けて、6府県(大阪・京都・兵庫・愛知・岐阜・福岡)について2月28日に「緊急事態宣言」を解除しました。専門家からは「無条件で賛成できない」との意見が多数あったそうです。政府は残る4都道府県(東京・埼玉・千葉・神奈川)については予定通り3月7日の解除を目指すとしています。然し、まだまだリバウンドの恐れがあり、又変異ウイルスの恐れもあり解除については心配しています。
3月5日(金)今回は首都圏知事からの要請がある前に、菅総理は先手を打って「緊急事態宣言」を3月21日(日)まで2週間延期を決定しました。今迄も何度も延期していますが謝るだけでその理由ははっきりしていません。今回の延期に対しても本当に収束できるのか心配です。
3月18日(木)今回も首都圏知事の意見がまとまる前に、菅総理は「緊急事態宣言」を2ヶ月振りに3月21日で解除すると発表しました。最近は少しづつ感染者が増えてきていて心配でしたが一方では効果が少なくなってきていて別途の対策が必要になっていました。今回発表された5対策(PCR検査の強化等)は以前から提案されてきたもので遅いと思います。問題は解除されても外出自粛等は続くので何時になったら以前のような生活が戻るのか先が見えないのが残念です。
「緊急事態宣言」が解除されると急に人出が多くなり、感染者も増えてきました。結局、4月12日から5月11日まで大阪等に引き続き、東京都も23区と八王子市をを含む6市に「まん延防止等重点措置」が発令されました。然し、内容は飲食店の営業時間が午後9時から8時に短縮される以外特段の変更はないようです。これで本当に効果があるのでしょうか。私は引き続き「自粛生活」を続けて行きます。<続く>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント