NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」が終わりました。

2021年10月31日のブログ」に書きましたが、「NHK朝のドラマ」が毎朝月~金の8時から15分で放送されている。コロナウィルスの影響で殆ど毎日自宅にいるので観るのが日課になっている。昨年の11月1日(月)から始まった「カムカムエブリバディ」が4月8日(金)に終わりました。1925年~2025年まで100年間の3世代の女性の物語でした。私は、1940年京都府福知山市に生まれ、受験勉強もあり、ラジオ英語講座を聞いていた思い出がありました。又、大阪や京都が舞台であり土地勘がありました。岡山には1995年から2年間単身赴任しており、特に思い出が多くあって楽しむ事ができました。
4月11日(月)からは新たに「ちむどんどん」が始まります。
1964年、沖縄本島北部やんばる地域。小学生の比嘉暢子(稲垣来泉)はおいしいものが大好き。ある日、転校生・青柳和彦(田中奏生)がやってくる。暢子にとって、初めて見る東京の人だった。母・優子(仲間由紀恵)と父・賢三(大森南朋)もともに、和彦の父・史彦(戸次重幸)と家族どうしの付き合いが始まるが、肝心の和彦はやんばるでの暮らしが楽しくなさそう。暢子は何とか和彦の心を開かせようと試みるが…。』(番組の紹介)

沖縄には何度か観光に行った事があるが余り知識がなくて戸惑っている。然し、タイトルの“ちむどんどん”とは沖縄の方言で、「胸がわくわくする」の意味だそうでわくわくしながら今まで通り朝の番組を楽しんで観ていきたいと思っています。

NHK-4.jpg
<番組の一場面>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント