霊友会「弥勒山大祭」に家内と参加しました。(第一日)

2017年11月16日のブログ」に書きましたが、昭和44年に結婚した時、家内のお母さんから勧められて「霊友会」に入会しました。毎年秋には各支部ごとに「弥勒山大祭」が開催され家内と参加しています。昨年は家内と一緒に車で参加しました。
今年は11月2日(金)3日(土)に開催され昨年と同じく家内と二人で車で参加しました。会場近くの駐車場まで130Km,3時間の予定で昨年の経験から8時に出発しました。「圏央道」「小田原・厚木道路」を経由して11時前には「伊豆急:大川駅」の近くの駐車場に着きました。ここからはバスで12時前に「弥勒山」に着きました。3年前に「弥勒山建立50周年記念事業」として「平成の大改築」が完成しました。特に新築された5階建ての「宿院」はエレベータやエスカレータが設置されバリアフリー化されています。宿泊室や大浴場も立派になっています。早速、昼食のお弁当を食べました。今回は「歩こう!伝えよう!導こう!いっしょにやってみよう!」のテーマで約800人以上の参加者があり非常に活気がありました。又、2020年の「開教100年に向けて具体的な決定を固めよう!」とのテーマもあります。
午後1時からプロゴラムが始まり「全体行事」・「テーマ別つどい」がスケジュールに沿ってとり行われました。「テーマ別つどい」では私は「ありのままの自分をしゃべってみませんか?」に参加しました。男女3名づつのグループで自由に話し合い参考になりました。
夕食後は「支部決起大会」が開催されました。昨年同様に青年部が主催して活気がありました。「支部の決定発表」ではいつもより時間が短く準備していましたが指名を受ける事ができませんでした。
終了後は協力して寝具の準備をして入浴し、午後10時半の消灯後は爆睡しました。<続く>
画像

<霊友会ホームページより>

"霊友会「弥勒山大祭」に家内と参加しました。(第一日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント